MENU

浮気調査はパートナーを裏切ることにはならない。

 

自分で、もしくは探偵に依頼しての浮気調査は、パートナーへの裏切行為なのでしょうか?

 

実は、裏切ることにはならないのです。
「え?だって信じていないから浮気調査するんでしょ?」って思いますよね。

 

それでも裏切ることにはならないのです。
それはなぜでしょうか?

 

浮気調査はパートナーのためでもある

浮気調査は、『相手への裏切り行為』などでは決してありません。
パートナーにもメリットがあるからです。

 

それはなぜかを説明する前に、まず確認したいことがあります。
「パートナーの浮気を疑いながら、今の関係を続けられますか?」

 

まで通りには、関係を続けられないですよね。
逆にいえば、関係をより良くしたいから浮気調査するといえます。

 

ということは、「パートナーを思っての行為」とも捉えられますよね。
そういうことなら、裏切りにならないと思いませんか?

 

 

それに浮気していないとわかれば、今までどおりパートナーを愛する事ができます。
つまりシロだとわかれば、パートナーもあなたから愛されることができるわけです。

 

ということは、パートナーにとっても(浮気していないなら)浮気調査は必要なことなのです。
パートナーにもメリットがあるということです。
浮気調査は浮気の疑いがあるのなら必要なことだとわかります。

 

 

浮気調査がかえって絆を深めるということも

仮に浮気調査がバレて「裏切られた」と思われても、それが「怪我の功名」になることもあります。

 

浮気の解決は絆を深める

調査結果が出れば、二人の関係を話しあう
いいきっかけになるでしょう。

 

結果、今以上に絆を深めることになるはず。
パートナーの言葉が、信頼できるかはあなた次第ですが、大丈夫、あなたが選んだ人なのだから。

 

浮気調査って「停滞中の現状を打開するカギ」といえますよね。

 

 

今回のまとめ

浮気調査は裏切り行為ではないんです!
パートナーにもメリットがある、二人にとって有益なこと。

 

自分に素直になって二人の関係に向き合ってみましょう!