MENU

自分で浮気調査をしてる時のパートナーへの接し方の注意

 

自分で浮気調査をしてる時は、パートナーへの接し方も気をつけましょう。
パートナーに浮気調査をしていることがバレたら、調査続行は難しいですよ。

 

「いつもと違う感じがする…」と思われたら、浮気調査失敗につながります。
浮気調査をしていることがばれないように、パートナーへの接し方の注意は2つあります。

 

いつも通りに振る舞いましょう!

パートナーの前では、いつものあなたを演じましょう。これは基本中の基本です。

 

いつもどおり笑顔で振る舞いつづけることで、あなたへの不信感は減ります。
また、パートナーが浮気していなかった場合も以前どおりに戻ることができます。

 

会う時間を減らすようにしましょう!

思い切ってパートナーと合う時間を減らしてみましょう。

 

パートナーに対してイライラするのなら、合う時間を減らしてみましょう

「相手のことを疑って、きつく当たってしまう」

「裏切られてるかもしれないと思うとイライラする」
「不安で不安で泣きそうになってしまう…」

 

など、どうしてもいつもの自分で居られなさそうな場合は、思い切って会うことを控えるのも手です。


 

デートの回数を減らしたり、頻繁に外に出かけるようにしたり。
うまく理由をつけて、会う時間を減らすようにすることも考えてみてください。

 

一度離れることで心を落ち着かせることができますよ。

 

ですが、この方法は浮気をしていなかった場合には不信感を抱かせることも。
あなたはすっきりしてもパートナーがモヤモヤしするかもしれません。
浮気調査が終わり次第、謝罪も必要かも。

 

今回のまとめ

自分で浮気調査を行っている時の、パートナーに対する接し方のポイントは、

 

・いつもと同じ自分を演じること
・無理ならパートナーに悟られないように会う時間を減らすこと

 

この2つです。浮気調査中はパートナーに悟られないようにすることが大切です。