MENU

自分で浮気調査をする時の4つの方法

 

自分で浮気調査する時に役立つ4つの方法を紹介します。
「探偵は高いから、自分で浮気調査をしよう。でも、一体どうすればいいのだろう?」

 

そうお悩みじゃないですか?
自分で浮気調査をするときに役立つ4つの方法とテクニックを紹介します。

 

 

では、詳しくご説明します。

 


ケータイを見る

1番簡単な方法です。「パートナーのケータイを見る」という方法。
古典的かつ典型的な方法です。

 

手っ取り早く証拠が見つかるかもしれないので、まずやってみたいところ。しかし、

 

「ケータイ勝手にみるとか最低!プライバシーの侵害!」
「自分がされたらどう思うんだよ?!」

 

─と言われる可能性があります。(まぁ、そういうのもごもっともですよね(笑))
そんなリスクはあるのですが、こんな場合はまずやってみてもいいと思います。

 

“今まではケータイにロックをかけていなかったのに、急にロックをかけ始めた”
“あなたに隠れてケータイをいじることが増えた”
“ケータイの回数を見ることが増えた”

 

以上に当てはまるなら、リスクよりリターンが大きいと思います。
気をつけてやってみましょう!

 


ロックの解除のテクニック

手っ取り早いけど、ケータイにロックかけられている!
まぁ、そうなりますよね(笑)

 

そんな時に使えるのが、以下の3つのテクニックになります。

  1. いない時にケータイをこまめに見て、ロックしていない時を見計らう
  2. 横や後ろから覗き見る(違うことをしているフリをして)
  3. 思い当たる番号を片っ端から打つ(※)

(※)連続で間違えると電源が切れたり、さらにロックがかかる可能性があるので注意

 

これらの方法を試してみて下さい。

 

またスマホの場合、ロックが番号ではなく記号をなぞるタイプなら…
ロック解除の形に画面に指紋がくっきり残っている場合もあります。
それを参考に解いてみるというのも一つの手です。

 


電話を盗み聞きする

電話を盗み聞きするというのも証拠を掴みややすいので、いい手段です。

 

あなたといる時に、突然浮気相手からかかってきた電話。
そんな時パートナーはどうするでしょうか?ほとんどの場合、

 

・鳴っていても無視をし続ける
・あなたの前から慌てて姿を消して電話に出る

 

の二択でしょう。

 

もし「姿を消した場合」は、大抵トイレか外か…近くにいることは確かです。
姿を消した時点で相手は安心して、会話に集中します。

 

盗み聞きはマナー的には反則ですが…絶好の証拠集めの機会です。
録音できる機械を片手に、こっそりと聞いてみることをオススメします。

 


いつもと違う日に会いたいと言ってみる

ちょっといつもと違うアプローチをしてみるというのも手ですよ。
そのいつもと違うアプローチでの反応を手がかりにするのです。

 

恋人関係で別々に住んでいて、会える日にち、時間が決まっている場合。
お互い仕事をしていて、毎週何曜日だけしか会えないってことありますよね?

 

そんな場合、普段なら会っていない日時ににデートに誘ってみてください。

 

もちろん友人関係や仕事の問題などがあるでしょうから、断られる場合もあります。
それがチャンスです!

 

その『会えない理由』を覚えておきましょう。
浮気というのはたいてい、200%ばれない自信があるからするものです。

 

当然、会えない理由も熟慮してあるはずです。
しかし実際の行動と違うので、いつか必ず矛盾点が出てくるはず。

 

矛盾があって証拠も揃ったら、相手に詰め寄りましょう!

 


レシートチェック!

財布の中やポケットの中をチェックしてみるのもいいでしょう。
浮気の証拠となる物が出てくるかもしれません。


 

特に見慣れないレストランやホテルのレシートがあった場合は要注意。
レシートに“来店人数 何名”などと書かれているものもあります。
併せてチェックしてみましょう。

 

もし『2名』だったら…お分かりですね?
飲食店の場合、仕事の関係で行っただけかもしれませんが、あまり2人では行かないでしょう。グレーではあります。

 


レシートはコピーしておこう

浮気の証拠のレシートがあったら、コピーしてとっておきましょう。

レシートは、できればコピーしておきたいです。

なぜコピー?と思いますよね?

 

レシートがなくなると不審に思うかもしれないからです。
原本はしかたないとして、コピーを残すというのも安全策として有効ですよ。

 

コピーできなければ写真に収めるだけでも十分です。

 


尾行してみる

浮気調査では、パートナーをつけてみましょう。

尾行も有効な手段です。手間と時間がかかるのでとても大変ですが…。一番有益な情報を掴むことが出来ます。

 

旅行や実家に帰るなど「あなたが留守にする」と言っている場合、浮気をしているならば必ず“チャンス!”と思うことでしよう。

 

ここぞとばかりに家に連れ込んだり、自分も浮気相手と遠出をしたり…もう証拠が集め放題です。

 

辛いかもしれませんが、嘘をついて相手を尾行してみてください。上手くいけば、一度目で尾行の成果が現れるかと思います。尾行は一人でもいいです。

 

…でもいいのですが、複数人の方がオススメです。例えば、頼りになる友人が傍にいた方が安心ですよね?精神的な面でもそうですが、トイレなどの問題もあります。

 

危険に巻き込まれるといったことも考えられるので、複数人での尾行がいいですよ。

 

 

今回のまとめ

自分で行う浮気調査方法はいかがでしたか?
自分で浮気調査をすることは大変ですが、これらの方法を組み合わせれば浮気の証拠をつかむのは時間の問題でしょうね。